アーシの毎日インプット

毎日1つ以上学習する。学習した内容を公開する。を目標に自分のスキルアップを目指します。

南アメリカの赤黄緑の国旗

スポンサードリンク

今回は赤黄緑の国旗シリーズ、南アメリカ編です。

 

赤黄緑は汎アフリカ色とも呼ばれ、アフリカの国旗に多い色使いですが、他の地域の国旗でもこの色を使う場合があります。

 

南アメリカでは3ヶ国の国が赤黄緑の3色を含んだ国旗を使用しています。

 

ガイアナ共和国

f:id:arshii:20210324150841p:plain

ガイアナ - Wikipedia

 

ガイアナの国旗には赤黄緑を含めて5色の色が使われています。

赤は国家建設のための熱意と活力を、

黒は忍耐を、

黄色は鉱物資源を、

白は豊かな川を、

緑は農業と森林を、

それぞれ表わしています。

 

スリナム共和国

f:id:arshii:20210324150852p:plain

スリナム - Wikipedia

 

スリナムの国旗には赤黄緑を含めて4色の色が使われています。

緑は豊かな国土と希望を、

白は正義と自由を、

赤はよりよい国民の生活を、

黄色い星は民族の統合と未来への希望を、

それぞれ表わしています。

 

ボリビア多民族国

f:id:arshii:20210324150907p:plain

ボリビア - Wikipedia

 

ボリビアの国旗には赤黄緑の3色の色が使われています。

赤は独立のために流された血を、

黄色は鉱物資源を、

緑は森林資源を、

それぞれ表わしています。

 

 

以上、南アメリカで赤黄緑の3色を使った国旗の紹介でした。

 

最後に、おなじみになった位置関係を紹介して終わります。

f:id:arshii:20210330180303p:plain

【アーシの原点】

【頭を鍛える迷路集】


スポンサードリンク