アーシの毎日インプット

毎日1つ以上学習する。学習した内容を公開する。を目標に自分のスキルアップを目指します。

応用情報技術者試験略語ノック19

スポンサードリンク

4/19の応用情報技術者試験に向け、勉強を続けていきます。

 

継続は力なり。

 

応用情報技術者試験の試験勉強の一環として、応用情報技術者試験で出題される略語を勉強します。

 

応用情報技術者試験では、様々な分野の様々な略語がでてきます。

 

試験問題で短文で説明されたときに解答できることを目標とし、

一つの略語をがっつりと勉強するのではなく、簡単な説明をノック形式で何パターンも覚えていきます。

 

それでは、今回もどんどん勉強していきましょう!

 

PERT(Program Evaluation and Review Technique)
アクティビティの開始点および終了点を丸型のノードで表し、作業を矢印で表し、プロジェクト完了までの所要期間とクリティカルパスを明らかにする。

 

■CMDB(Configuration Management Database)
構成品目の属性や構成品目間の関係を記録し、一元管理するデータベース。

 

DSL(Definitive Software Library)
リリース承認を受け、稼働環境にリリースされたすべてのソフトウェアのマスタコピーを保管しておくリポジトリ

 

DRAM(Dynamic Random Access Memory)
情報を記憶するため、メモリセルにコンデンサを使用している。

 

SRAM(Static Random Access Memory)
情報を記憶するため、メモリセルにフリップフロップ回路を使用している。

 

VPN(Virtual Private Network)
インターネットに跨ってプライベートネットワークを拡張する技術、およびそのネットワーク。

 

DMZ(DeMilitarized Zone)
外部からアクセスされる可能性のある公開サーバ(Webサーバ・メールサーバ・プロキシサーバなど)などの情報資源を配置するためのネットワークセグメント。

 

■DNSSEC(Domain Name System Security Extensions)
ドメイン応答にディジタル署名を付加することで、正当な管理者によって生成された応答レコードであること、また応答レコードが改ざんされていないことの検証が可能になる。

 

■SIEM(Security Information and Event Management)
OS,DBMSアプリケーションソフトウェア,ネットワーク機器など多様なソフトウェアや機器が出力する大量のログデータを分析する。

 

■PMO(Project Management Office)
リスクを最小化するように支援する専門組織。組織全体のプロジェクトマネジメントの能力と品質の向上を図る。

 

f:id:arshii:20191119224114p:plain

 

前回のノックも合わせて勉強してみてください。

arsinput.hatenablog.jp

 

 

【アーシの原点】

【頭を鍛える迷路集】


スポンサードリンク