アーシの毎日インプット

毎日1つ以上学習する。学習した内容を公開する。を目標に自分のスキルアップを目指します。

QC検定1級問題:058

スポンサードリンク

QC検定1級の問題を読み物形式で振り返ります。

私がQC検定1級に合格できたのは、問題を自分でまとめて何度も読み直したからかもしれません。

 

----------

※試験では赤字の箇所が選択肢問題として出題されています。

 

【問題】

2019年・秋

問12

内部監査を形骸化させず、効果的な内部監査を実施するためには、適切な監査プロセスを規定し、監査員の教育・訓練を充実することが重要である。そのため、J社では下記の事項に対して留意し、内部監査のプロセスの確立と監査員の教育・訓練を行っている。

監査に関する計画、実施手順などの監査プロセスでの留意点

 a)監査時に注目すべきプロセスや監査範囲の選定

 b)監査に関するチェックリスト、報告様式の作成

 c)監査結果に関する記録と報告のスケジュールの立案

 d)是正計画作成の期限とそのフォローアップ計画の立案

 e)監査計画から是正のフォローアップまで、監査期間全体にわたるスケジュールの確定

監査員の認定基準と設定手順での留意点

 a)監査員を認定し登録する基準と手順の設定

 b)新任監査員の教育・訓練と認定基準の設定

 c)監査員に求められる分別ある行動と資質の明確化

監査の進め方での留意点

 a)実際に手順書に従った監査を行った後で、手順に対するフィードバックを監査員に求め、監査プロセスそのものを継続的に改善していくことが望ましい。

 b)監査に関する原則と、手順などの基本的な知識を身につけさせる教育を、被監査者に対しても実施することで、よりスムーズで付加価値の高い監査が期待できる。

監査員が精通している必要がある事項

 a)監査に関する一連のプロセス

 b)監査対象のマネジメントシステムの構造

 c)監査に用いるチェックリストの使い方

 d)色々な改善手法の特徴などの知識

 e)監査基準への適合の程度を評価するための客観的証拠の集め方

 f)必要によっては特殊工程などの技術的な知識

 g)製品・サービスを実現するうえで必要な関連する標準類の内容

 h)監査報告書の書き方

監査員の力量の維持・向上に関する評価での留意点

 a)定期的な評価方法の確立と実施

 b)監査プロセスでの助言、監査プロセスの理解・習熟度合などのチェック

 c)監査員個人の強み・弱みの認識の程度

 d)監査の知識、技能、行動など、内部監査の適用能力に関する監査での観察

 

----------

 

色々なテキストを試してみましたが、この1冊をマスターすれば、QC検定1級合格は余裕です。

【アーシの原点】

こちら

【頭を鍛える迷路集】

こちら

スポンサードリンク